野菜ソムリエの料理教室ナビ TOP » 野菜ソムリエのレシピコンテスト

野菜ソムリエのレシピコンテスト

今月のテーマは「ズッキーニ」

◆プロフィール◆
ウリ科カボチャ属
スラリと長く、濃い緑色の姿から、初めて目にする方には「きゅうり!?」と間違えられそうなズッキーニ。実はカボチャの仲間で、おなじみの緑色の他、黄色のものや、真ん丸な形をしたものもあります。宮崎県、長野県、群馬県などで栽培されており、6月から8月にかけて収穫期を迎え、開花後5日ほどで未熟な実を収穫します。
ズッキーニは皮ごと加熱調理し、皮の部分が持つ独特の歯ごたえや、ナスのようにやわらかな果肉の食感、ほのかな甘みのある風味を楽しみます。イタリア料理やフランス料理でよく使われ、煮ても焼いても揚げても美味で、オリーブオイルと相性がよく、トマトやパプリカなどの夏野菜と炒め合わせて煮込む「ラタトゥイユ」などには欠かせない野菜です。
冷やしすぎると食味が落ちるため、保存する場合は新聞紙で包んでからポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室へ。ただし3~4日以内に料理するのが、おいしさを楽しむポイントです。

主な品種
細長い形状のもの、球形の丸ズッキーニ、円盤型のUFO丸ズッキーニ、筋状の隆起があるズッキーニ・ロマネスコ、花ズッキーニなどの種類があります。カラーも、濃い緑色、黄色、網目のような模様の薄い緑色など、色とりどりです。

栄養について
体内の余分な塩分の排出を助けてくれるカリウム、すぐれた抗酸化作用で知られるベータカロテン、美肌効果や免疫力アップに欠かせないビタミンCなどが含まれています。

見分け方
切り口が新鮮で、太さが均一で、大きすぎないものを。

保存方法
乾燥しないように濡れた新聞紙で包んでからポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に立てて保存すれば、2~3日はOKです。
ただし、香りは日ごとに薄れてくるので、早めにフレッシュな香りを楽しみましょう。

◆レシピ例◆
『ズッキーニ・ボート』
 ズッキーニにタコスミートを詰め、ピザ用チーズをのせて焼きました。タコスミートは意外と簡単に作れますので、ぜひお試しを。
作り方
1. ズッキーニは縦半分に切って中をくり抜き、電子レンジ(強)で2分ほど加熱します。
2. くり抜いたズッキーニの中身とたまねぎ1/4個をみじん切りにし、合挽肉100g、おろしにんにく小さじ1とともに、オリーブオイルを熱したフライパンで炒め、ウスターソース大さじ1、ケチャップ大さじ1/2、チリパウダー少々、塩こしょう少々で味を調えます。
3. 1に2を詰めてピザ用チーズをのせ、オーブントースターでチーズがこんがり色づくまで焼きます。

                                  文:野菜ソムリエプロ 堀 基子


テーマ野菜・果物情報はこちら!!

今月のテーマ:ズッキーニ

  • 料理教室講師が考案!国産スパイス『石垣島ピパーツ』レシピ公開中

    独特の香りとピリッとした辛さが特徴の国産スパイス『石垣島ピパーツ』を体験した認定料理教室の皆様から素敵なレシピが届きました!
    これまでにない新しい調味料は講師にも生徒の皆さんにも好評で、メインやスープデザートまで様々なお料理に活用いただいています。
    詳しくはこちら

すべての企画を見る