野菜ソムリエの料理教室ナビ TOP » 野菜ソムリエのレシピコンテスト

野菜ソムリエのレシピコンテスト

今月のテーマは「新じゃがいも」

◆プロフィール◆
ナス科ナス属
春から初夏へと季節が移りゆく中、まるで季節の花の便りのように、南から新じゃが前線が北上します。じゃがいもの旬というと秋を思い浮かべますが、収穫期は春と秋の年2回あり、春に収穫されるものが新じゃがの名で知られています。長崎など九州では3月頃から収穫が始まり、その後、本州の産地が続き、北海道では7月頃まで新じゃがと呼ばれるそうです。
春の新じゃがは、地上にある葉や茎がまだ緑色のうちに収穫されるため、水分が多くて柔らかく、皮が薄く、香りがよいのが特徴です。新鮮な新じゃがは皮がとても薄く柔らかいので、水洗いしながら手でこするだけで皮がむけてしまうほどです。逆に秋のじゃがいもは、葉や茎が自然に枯れた状態になってから収穫され、でんぷんなどの栄養分がぎっしりと中に蓄えられて、ほくほくとした食感になります。
じゃがいもはミカンに匹敵するほどビタミンCが豊富で、100g当たり35mgも含まれています。加熱に弱いビタミンCですが、じゃがいもの場合は、でんぷんに守られるため、熱に強いという特長があります。体内の余分な塩分の排出を助けてくれるカリウムも100g当たり410mgと多く、新じゃがの場合は皮ごと食べられますから食物繊維も豊富です。また、皮には抗酸化作用にすぐれたポリフェノールの一種であるクロロゲン酸も含まれています。
一方、注意しておきたいのが、じゃがいもの食中毒。じゃがいもの芽とその根元、日光に当たって緑色になった部分には、ソラニンやチャコニンといった天然の毒素が多く含まれており、食中毒のような症状や頭痛、めまいなどを起こす場合があるそうです。加熱調理しても毒性は消せないため、調理の際は必ず周囲まで十分に取り除き、もしも苦味などを感じたら食べるのを止めましょう。
さあ、夏を迎えるまでの季節限定の味、新じゃが。煮てよし、揚げてよし、焼いてよし、皮ごと旬をお楽しみくださいね。

主な品種
「男爵」、「メークイン」、「デジマ」、「ニシユタカ」などの品種があります。
見分け方
皮が薄く、指ではがせそうなものほど新鮮です。

◆レシピ例◆
『ローズマリー風味のフライドポテト』
外はカリッと、中はしっとり、極上のフライドポテトに仕上がる簡単レシピです。小さめの新じゃがなら、カットせず、丸ごと揚げてもOKです。新じゃがならではの風味とローズマリーが香る絶品フライドポテト、ぜひお試しくださいね。
作り方
1. 新じゃがはよく洗い、皮ごと4等分に切り、サッと水にさらし、水気をよく拭き取ります。
2. フライパンに1を並べ、室温のオリーブオイルをかぶる程度まで注ぎ、ローズマリー1~2枝を入れ、中火にかけます。ローズマリーは揚がったら取り出しておきます。
3. 新じゃがに竹串を刺してスッと通るまで揚げ、仕上げに火を強めてカラッと揚げて取り出し、器に盛り、塩とほぐしたローズマリーの葉を振ります。
                                          
文:野菜ソムリエプロ 堀 基子


テーマ野菜・果物情報はこちら!!

完成図 完成図

レシピ名:新ジャガすり流し磯風味

教室名:ぷちカフェ料理教室

講師名:前田公子

今月のテーマ:新じゃがいも

  • 料理教室講師が考案!国産スパイス『石垣島ピパーツ』レシピ公開中

    独特の香りとピリッとした辛さが特徴の国産スパイス『石垣島ピパーツ』を体験した認定料理教室の皆様から素敵なレシピが届きました!
    これまでにない新しい調味料は講師にも生徒の皆さんにも好評で、メインやスープデザートまで様々なお料理に活用いただいています。
    詳しくはこちら

すべての企画を見る